> > > 開口部インナーシール工法


センターサイディング 開口部インナーシール工法

特長

新築物件でのセンターサイディング開口部まわりの施工で、見切縁工法に加えお客様の要望をカタチにした新工法を開発。
見切縁などの付属部材を使わずに下地で防水処理を行うことで、スッキリとした仕上がりを実現しました。

ニチハの2つの開口部工法!

ご注意

「端部カバー・S見切縁18」を使用する場合(特に、縦張り時の1階土台部と掃出窓)、サッシ際に隙間が発生するため、
サイディング本体をカットする際はできるだけ実寸法を正確に測り隙間を小さくしてください。
防耐火認定を使用する場合は、中間水切上部の端部カバーは必要となります。
縦張り時は、縦張り時の注意事項もご確認ください。

納まりがスッキリ!

下地で防水処理を行う施工だから、外壁材とサッシの取り合い部は化粧三角シールによる施工のみ。付属部材がないからスッキリした納まりです。

下地で防水処理を行う施工

■化粧三角シールについて

専用付属部材および捨てシール施工により防水施工を行う新工法で、外壁材と開口部サッシ取り合い部の化粧シールは保証対象外です。
意匠上の化粧シールに関しての不具合は対応いたしかねますのでご了承願います。美観上のメンテナンスを適宜行ってください。
開口部インナーシール工法

開口部インナーシール工法

保険契約が可能!

「日本住宅保証検査機構(JIO)」・「住宅保証機構」の防水性能に対する包括3条申請登録(確認書交付)済み。
建築会社様が同工法で申請を行う場合、「住宅瑕疵担保責任保険法人」との保険契約が可能です。

各社保険契約について

■日本住宅保証検査機構(JIO)の場合

確認書(下記)の添付は任意です。
提出書類の項目にニチハ(株)の「開口部インナーシール工法」である旨をご記入ください。

■住宅保証機構の場合

提出書類の項目にニチハ(株)の「開口部インナーシール工法」である旨をご記入ください。
下記より確認書をダウンロードしていただき、その他書類と一緒にご提出をお願いいたします。

ご注意

保険契約には、ニチハ施工基準および純正部材の使用が必要です。

開口部まわりの部材数削減!

新工法は、防水処理部材が追加されますが、S見切縁18・S見切コーナー・端部カバーが不要となりコストダウンに。
見切縁工法で必要な付属部材の加工時間も削減できます。

開口部まわりの省力化施工!

見切縁工法で必要な付属部材の加工時間も削減。
新たな防水処理部材(鋼板止水材・片面防水テープ)と捨てシーリングによる簡単施工です。

端部カバー、見切縁を使用しないことによる寸法精度は必要となります。
品名 鋼板止水部材 片面防水テープ
形状

寸法
品番 KE5000 JF1526
カラー ブラック
標準価格
(税抜)
14,000円/梱 1,500円/巻
梱包入数 10本/梱 1巻/袋
材質 塗装高耐食GLめっき鋼板

EPDM
アクリル

ページTOPへ

ページTOPへ