> > > センターサイディングの構造


センターサイディングの構造

耐久性、断熱性に優れた三層構造。

ニチハのセンターサイディングは、表面材と裏面材に断熱材をサンドイッチ(一体成型)した高性能外壁材です。
新築からリフォームまで、用途にあわせてお選びいただけます。

三層構造

塗装高耐食GLめっき鋼板は従来の亜鉛めっき鋼板に比べ約3〜6倍の寿命が可能に。

高耐食GLめっき鋼板の表面構造、めっき層組成

塗装高耐食GLめっき鋼板のめっき層は、亜鉛リッチ層がアルミリッチ層を網目状に囲い込んだ構造。
亜鉛の犠牲防食作用(※1)とアルミニウムの不動態保護作用(※2)を最大限に機能させるめっき層の組成で、非常に優れた耐食性を発揮します。
塗装高耐食GLめっき鋼板は、鋼板の端部においても高い耐久性を発揮します。

※1
イオン化傾向の異なる亜鉛と鉄が接触し、亜鉛が溶解。鋼板自体の酸化を防止すること。
※2
金属の表面に酸化皮膜ができ、腐食や酸化から保護する状態のこと。

ページTOPへ

ページTOPへ