> > > > > 施工性


オフセットサイディング モエンサイディングS モエンサイディングM
高強度 施工性 高靭性 釘打ち性

オフセットサイディング-Mの特長

モエンサイディング-Mの製法は、湿式抄造法と呼ばれ、セメントと補強繊維などの原料および水を混合させたスラリーを脱水・積層し、プレスする製法です。スラリーをコンベア上で徐々に脱水しながら抄造するので、繊維が分散され、ばらつきの小さい安定した品質が保持できます。(スラリーとは、泥状、または、かゆ状の混合物。固体粒子が液体の中に懸濁している流動体を指します。)

施工性

サイディングを施工する際に必要な性能として、ハンドリング性(取り回しのしやすさ)があります。ハンドリングの悪い、硬くて脆いサイディングの場合、施工時に割れたり、亀裂が入ったりする場合があります。モエンサイディング-Mは高いハンドリング性能があります。ニチハでは、ハンドリング性を確認するために、厳しい試験を行っています。

施工性01 施工性02

ハンドリング性試験とは製品サイズにて両端を支持し、試験体の中央部を水平まで持ち上げ、離すを繰り返す試験です。モエンサイディング-Mは2kgのおもりを中央に載せ、100回繰り返しても製品が割れることはありませんでした。
試験体:モエンサイディング-M ・ ソフィアウォール調


ページTOPへ

ページTOPへ