> > 外壁材(窯業系サイディング)のメンテナンス


外壁材(窯業系サイディング)のメンテナンス

維持管理の目的

ロングライフ住宅の実現に向けた外壁の性能維持には、適切なメンテナンスが重要です。

窯業系サイディングは、太陽光、雨水、風雪、台風などの自然環境条件やメンテナンスの実施程度によって、その耐用年数に大きな影響を受けます。
住宅の長寿命化を実現する一助として、外壁の性能を維持するためには、適切なメンテナンスが重要であり、そのことにより外壁に要求される諸性能(美観・防水性能・防耐火性能・耐風圧性能など)に対し長期にわたり性能を維持することが期待できます。
※点検はお施主様の責任でお願いします。

維持管理の目的

1.モエンの機能・性能を十分に発揮させる
2.モエンによる不具合を未然に防止する
3.モエンの寿命を伸ばす

日常のお手入れ方法

①窯業系サイディングの清掃など

  • ●窯業系サイディングにほこりや土などの汚れが付いた場合には早めに清掃してください。
  • ●窯業系サイディングの清掃は、塗膜面に傷を付けないように、ホースまたは雑巾を使用して水洗いしてください。また凹部に溜まった汚れが落ちにくい場合は、やわらかいブラシ(やわらかめの歯ブラシ程度)を使用して水洗いしてください。高圧水(5MPa(メガパスカル)以上)による散水は、塗膜に悪影響を及ぼすおそれがありますので避けてください。
  • ●手の届く高さで局所的な汚れ(特に鳥の糞やカビなど)がある場合は、壁面全体をあらかじめ水で濡らした後、中性洗剤を洗剤に記載の使用方法・注意に従い雑巾またはやわらかいブラシ(やわらかめの歯ブラシ程度)を使用し、よく泡立てた後ふき取ってください。ふき取り後、必ず雑巾またはホースなどでしっかりと水洗いしてください。
  • ●カビ・藻などは、種類によって通常の水洗いや中性洗剤での清掃では落ちにくい場合があります。市販のカビ落とし剤(次亜塩素酸系カビ除去剤(水溶性))を、同量程度の水で適宜薄めてから、カビ落とし剤容器に記載の用法に従い洗浄してください。塗膜・基材の劣化が進んでいる場合は、塗膜・基材を傷めてしまう場合がありますので、事前に目立たない箇所で試し洗いをし問題ないことを確認した上で実施してください。また、外壁面や、土台水切などの金属部材に液剤が残留すると、変色や錆の原因になります。洗浄後はしっかりと全体を水で洗い流してください。カビ落とし剤は、周辺の植物(植木や芝など)を枯れさせたり、手荒れなどの原因にもなります。カビ落とし剤による清掃につきましては、お施主様ご自身の責任にて実施してください。
  • ●外壁面にホースなどで散水する際は、必ず上から下に向けて散水してください。下から上に向けて強い圧力で散水すると接合部目地などから漏水する恐れがありますので避けてください。
  • ●土台部、下屋根部などで窯業系サイディングに雪がかぶさる部分や、入隅部などで雪の吹きだまりができる部分は、積雪をこまめに除去してください。

②後工事の注意点

  • ●看板、エアコンなどを後から取り付ける場合は、窯業系サイディングに直接固定することは避けて、必ず適切な補強をした下地に固定してください。
  • ●既存の建物に増改築などによって新築の建物が接続する場合には、建物の挙動の違いによってひび割れなどの問題を起こすおそれがありますので、接合部分では必ずエキスパンションジョイントなどを設けて縁を切って施工してください。

外壁の点検方法

窯業系外壁材について
点検は、モエン本体およびモエンの塗膜、シーリング、付属部材の状態などを確認してください。

①モエン本体の点検
モエンに亀裂が発生していないか、欠けなどの欠損がないか目視で点検してください。
地震発生後などは、特に釘打ち周囲の亀裂や板のズレがないか点検してください。

②モエンの塗膜の点検
塗装面に汚れ、褪色、白化が目立つようになりましたら再塗装が必要な時期です。
下表のメンテナンススケジュールを参考にして点検してください。

③シーリングの点検
シーリングを目視して、剥離、亀裂などが発生していないか点検してください。

④付属部材の点検
金属製部材の錆や化粧部材の欠損などが発生していないか点検してください。

点検時期の目安
入居時に初回の点検を行い、それ以降は下表のメンテナンススケジュールを目安にして、点検を行ってください。
※これらの点検により、気になる変化を見つけた際には工務店様・専門業者様にご相談の上、再塗装やシーリングの打ち替えなどお早めのお手入れをおすすめします。メンテナンス費用はお施主様負担となっております。

メンテナンススケジュール(モデルケース)

※このメンテナンススケジュールは、あくまで目安としてください。

メンテナンススケジュール

【ご注意】

メンテナンススケジュールは、日常点検・定期点検の実施、弊社標準施工の遵守、プラチナシールを含む弊社純正部材を使用した場合のモデルプランの一例です。 住宅の地域、環境や使用条件によって状況が異なりますので、メンテナンス計画を立てる目安としてご活用ください。
同質出隅の張り合わせ角部・傷補修部分・釘頭のタッチアップなどの補修塗料使用箇所、釘頭の塗膜、鋼板部材は、外壁材表面と完全に同一ではありませんので、本モデルプランは適用されません。
日常点検・定期点検において、外壁材本体に部分的な亀裂(クラック)、欠け、こすれ傷、汚れなどの傷みが見られた場合は、パテ埋め補修や部分的な張り替え、塗装補修などを行ってください。 また、シーリングに部分的な目地痩せ、はく離、亀裂、汚れなどの傷みが見られた場合は、部分補修や洗浄などを行ってください。適切な時期に適切なメンテナンスをせず放置すると、 外壁材のみならず建物全体に不具合が発生することがあります。また、地震や台風などの後にも点検を行ってください。
外壁材の塗り替えは、一般的なアクリルシリコン塗料を使用した場合を想定しています。表面の劣化状況によっては、クリアー塗装ではなく、エナメル塗装になることもあり、 その場合は、単色仕上げとなります。またクリアー塗装が可能な場合でも、塗膜の劣化が進んでいた場合、新築時の色と異なることがあります。
メンテナンススケジュールは、時期および内容を保証するものではありません。

推奨
プラチナシールは30年以上の耐久性能(自社試験)を有していますが、地震などの揺れにより「切れ」や「はく離」が起こることがあります。
特に負荷のかかる「外壁材本体どうしの継ぎ目」のシーリングにつきましては、15年から20年経過した時点での打ち替え工事をおすすめしています。

ニチハ窯業系外壁材の保証について

メンテナンス方法

窯業系サイディングのメンテナンスは次の方法を検討して適切な方法を計画してください。

①窯業系サイディング本体のメンテナンス
ひび割れなどは割れ部分をVカットしてパテ埋めして塗装補修してください。
部分補修ですまない場合には窯業系サイディングを新しいものに取り替え てください。

②窯業系サイディングの再塗装
窯業系サイディングの再塗装方法は、モノカラー(単色塗装)品の場合にはエナメル塗料(有色塗料)で、多色塗装品の場合にはクリア塗料(透明塗料)で再塗装してください。 なお、塗り替えの時の高圧水洗浄の水圧は接合部目地からの漏水のおそれがありますので専門業者様にご相談ください。

再塗装用の推奨塗料

③シーリング材の打ち替え
部分的なシーリング材の打ち替えは必ずその部分の既存シーリング材を撤去し、適合プライマーを塗布して打ち替えてください。既存シーリング材を撤去せずに剥離やひび割れ部分に充填しても防水効果は得ることができません。外壁の塗り替えの際にはシーリング材全体を撤去して打ち替えてください。

④付属部材の再塗装、取り替え
水切材などの金属製部材が錆びたり、塗膜がはがれたりしてきた場合には、再塗装してください。また、窯業系サイディングの再塗装時期には金属製部材も併せて再塗装してください。


メンテナンスについてのご注意

①メンテナンス工事は原則として建築物を建築された住宅会社様・工務店様にご相談ください。
②シーリング材は、原則として弊社純正品からお選びください。やむを得ない場合には日本窯業外装材協会推奨品をご指定願います。
③窯業系サイディングの再塗装時期には、化粧部材(破風・幕板・付け柱など)や金属製役物(水切材、見切緑など)の点検・塗り替え・取り替えなどもおすすめします。

再塗装用の推奨塗料

■再塗装や補修工事は専門会社様にご相談ください

●再塗装や補修工事などについては、住宅会社様、工務店様にご相談の上、専門工事会社様にご依頼ください。
●お施主様ご自身で再塗装や補修工事をするのはおやめください。高所作業による、落下事故や怪我の原因となります。

■マスキングテープについて

マスキングテープの品種、施工方法などにより、外壁材の塗膜に剥離を引き起こす場合があります。
シーリング工事の際、次の点にご留意ください。
(1)付着力の強いマスキングテープはご使用にならないでください(弊社推奨マスキングテープは下記表参照)。
(2)マスキングテープを1日以上貼り置きしないでください。また、雨天中の貼り置きは避けてください。
(3)マスキングテープを勢いよく引き剥がさないでください。
(4)マスキングテープからはみ出したシーリング材・プライマーは、シーリングクリーナー(JF6000)を含ませた布で拭き取った後、
  乾いたウエスにてもう一度拭いてください。
(5)マスキングテープが糊残りした場合は、お湯または水を含ませた布で、糊を膨潤させながら拭き取ってください。

【推奨マスキングテープ/カモ井加工紙(株)】

■既存設定品:一般外壁材商品向け

品 番・品 名 注意事項 お問い合わせ先
SB246S COOLメモリアには使用しないでください。 カモ井加工紙(株)
倉敷:086-465-5811 東京:03-3271-3888

■既存設定品:マイクロガード商品向け(COOLメモリア以外)

品 番・品 名 注意事項 お問い合わせ先
SB246 COOLメモリアには使用しないでください。
マイクロガード推奨品は「S」がつきませんのでご注意ください。
カモ井加工紙(株)
倉敷:086-465-5811 東京:03-3271-3888

■新規設定品:COOLメモリア向け

品 番・品 名 注意事項 お問い合わせ先
mint
(ミント)

・製品表面が乾燥している時に貼り付けてください。

・貼り付け後は早期にシーリング作業を開始し、シーリング充填後は直ぐにマスキングテープを剥がしてください(貼り付け時間は長くとも2~3時間程度としてください)。

マスキングテープを貼り付けたままで日をまたぐことは絶対に避けてください。

・マスキングテープが貼られた状態で、雨などで水に濡れると、糊残りを助長させますので、必ず天気の良い日に作業をしてください。

カモ井加工紙(株)
倉敷:086-465-5811 東京:03-3271-3888

※推奨マスキングテープをご使用された場合でも、多少の塗膜剥離が発生することがありますので、できるだけゆっくり丁寧に剥がしてください。

■窯業系サイディング製品保証のしくみ

①住宅の外壁は、外壁材(窯業系サイディング)とその施工工事により構成され、はじめて品質・機能が発揮されるものです。
②外壁材の品質性能およびその維持管理には適切な施工およびメンテナンスが必要です。
(詳しくは、窯業系サイディングのメンテナンスを参照)
③ これらが充分に行われた上で、外壁材の製品に起因する不具合に対し、下記フロー図の通り弊社と住宅会社様の間で製品保証させて
いただくしくみがあります。
④ 万一の不具合発生の場合は住宅会社様にご相談ください。住宅会社様の要請を受け、弊社による不具合現象調査確認および保証対象の
判断をさせていただきます。

窯業系サイディング商品保証のしくみ
再塗装用の推奨塗料

ページTOPへ

ページTOPへ