窯業系トップへ戻る

> > > マイクロガード


マイクロガード

  • マイクロガードTOP
  • 外壁汚れについて
  • 汚れを落とす親水性
  • マイクロガードQ&A

美しい外観をいつまでも。

わが家の外観をいつまでも美しく保ちたいという願いから、雨水で汚れを落とすマイクロガードは誕生しました。マイクロガードは、空気中の水分子を取り込んで外壁表面に薄い水分子膜を作り、汚れの元となる物質を水分子膜の上に付着させます。雨が降れば、汚れは雨とともに洗い流され、外壁はいつもスッキリ。マイクロガードは、雨の力で住まいの美しさを持続させます。
マイクロガードロゴ

マイクロガードの「美しさ」の実力

窓サッシの下部は雨筋ができ、汚れやすいものです。
マイクロガードは、その雨を利用して汚れを洗い落とし、外壁をいつまでもキレイに保ちます。

マイクロガードの特長

雨水で汚れを洗い落とす「セルフクリーニング機能」

マイクロガードは、付着した汚れを雨水で繰り返し落とせるセルフクリーニング機能。
親水性の効果で空気中の水分子を取り込んで外壁表面に薄い水分子膜を作り、汚れを浮かせて、雨で洗い落とします。

Windows Media形式・3分42秒(約20MB)

日陰だって、夜だって、施工直後から効果を発揮

マイクロガードは、光に関係なく親水性を発揮するので、日当たり面だけでなく、日陰面や夜間、そして季節に関係なく効果が持続します。また、ニチハの工場から出荷された時から防汚機能を発現しているので安心です。摩擦などの外的要因がなければ、塗膜の耐候性同様の期間、効果が期待できます。

プラチナコート+マイクロガード! ダブルできれい。

プラチナコートによる超高耐候性とマイクロガードによる「セルフクリーニング機能」を組み合わせれば、長期間の防汚性を持続させ、家の美しさを長く保つことができます。

マイクロガード品に防藻・防カビ剤を配合。

マイクロガードのセルフクリーニング機能は、藻・カビに対して充分な洗浄効果を発揮しません。
そのためマイクロガード品には防藻・防カビ剤を配合し、塗膜表面での藻・カビの生育を抑制しております。 但し、防藻・防カビ剤の効果は社内試験結果に基づく比較であり、効果を保証するものではありません。また、永久的なものでもありません。

汚れの種類 防汚効果
排気ガス、ばい煙、ほこり、土汚れ 効果を発揮します。※
錆、高濃度・高粘度な汚れ 効果は低くなります。

※いずれも多量に供給される環境下では効果が発揮されない場合があります。

ご注意
マイクロガードの防汚効果は右記のとおりです。
外壁面のこまめな点検・清掃をお願いします。

低汚染補修液について

  • 低汚染補修液とは
    マイクロガード品における補修液についても、防汚機能を付与するため、「低汚染補修液」を導入しました。これは従来の補修液に低汚染性を付与するための添加剤を配合したものです。(補修液は2液を混合して使用します。)
    造膜過程で塗膜表面に親水化成分が移行し、雨や湿気に反応することで汚れを洗い落とす機能が発現します。この低汚染機能は発現するまでに時間がかかります。天候にもよりますが、補修液の塗布後、低汚染機能発現までに1~3週間程必要です。
  • 従来の補修液(低汚染機能なし)との違い
    従来の補修液の水接触角は80~90°であるのに対し、低汚染補修液の水接触角は60°以下と従来より親水性を高くすることで、塗膜表面に付着した汚染物質を降雨などで落ちやすくしています。
  • 低汚染補修液の特徴と注意事項
    1. 機能発現までに1~3週間程度時間がかかります。
    2. 低汚染性添加剤は必ず同梱のものをご使用ください。
        ※同梱のものを使用されなかった場合は性能が得られません。
    3. 品番によって使用可能時間に差があります。
    4. 釘頭の補修は最小限に留め、広範囲には塗り広げないでください。
        補修液の色艶は外壁とは完全に一致していませんので、補修跡が目立ち外観を損ないます。
    5. マイクロガード機能とは異なります。

※「マイクロガード」は株式会社LIXILの登録商標です。

  • マイクロガードTOP
  • 外壁汚れについて
  • 汚れを落とす親水性
  • マイクロガードQ&A

窯業系トップへ戻る

ページTOPへ

ページTOPへ