ごあいさつ

当社は、1956年に木材資源の有効利用を目的に「日本ハードボード工業株式会社」(1988年4月に現社名に変更。1989年12月に上場)として設立され、繊維板の製造販売を開始しました。その後、いち早く石綿を使用しない窯業系サイディングの開発に成功するなど、「素晴らしい人間環境づくり」とのコーポレートスローガンの下、3つの経営方針「お客さま本位の姿勢」「創意開発」「明るい風通しのよい職場づくり」に基づき、お客様の視点に立った商品の開発・サービスの提供に取り組んでまいりました。

この経営方針には、お客様や社会のニーズを常に追求し、高品質の商品・サービスを市場に提供するとともに、環境負荷軽減などの社会的課題に対しても真摯に取り組み、企業の社会的責任を果たしていきたいというニチハの熱い思いが込められています。

今後、国内では人口減少に伴い住宅市場の縮小は避けられない状況にあり、また世界的には地球温暖化問題を受けて低炭素化への取組が加速するなど、当社グループを取り巻く経営環境は大きく変化しております。

このような状況下、当社グループでは、世界的な視野を有するグローバル企業を目指し、お客様にも地球にも優しい環境を提供し続けることを使命と考え、国内外のお客様のニーズを反映した高付加価値商品・サービスの開発と市場へのご提案・ご提供を行ってまいります。特に環境面の取組につきましては、従来、CO2を固定化できる商品の開発やリサイクルシステムの確立など鋭意対応してまいりましたが、今後も各種取組に挑戦し、持続可能な循環型社会の実現に向けて貢献してまいる所存です。

今後も、お客様・株主様・従業員・地域住民の皆様をはじめとする各種ステークホルダーに常に信頼され、持続的に成長できる企業を目指してまいりますので、引き続きご指導、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。