サイディングとは

高品質な基材&塗膜で、建物の性能を向上させます。

木質系材料を補強繊維とした乾式成型法を採用した外壁材『オフセットサイディング』。
耐凍害性・寸法安定性・成型性などに優れた基材に加え、色あせに強い超高耐候塗料や、
雨水で汚れを落とす「セルフクリーニング機能」により、建築時の美しさを持続させます。

03.png04.png

[耐火性能]準不燃材料による外壁1時間耐火構造。

「木材は燃える、鉄は燃えない」と言われますが、
じつは鉄は火災の際、ある一定の温度を超えると、強度が20%以下に落ちてしまうことがあります。
反対に木材は、同じ条件下でも約80%の力を保つことが確認されています。
理由は、表面が炭化し、断熱材の特性を備えることで木材の中心部まで熱を伝えにくくするからです。
この木材の特性を活かした準不燃材料の『オフセットサイディング』は、
耐火性能に優れた外壁1 時間耐火構造を可能にします。

05.jpg 06.png

[耐凍害性能]木材のハニカム構造が優れた耐凍害性を発揮。

サイディングの微細な空隙に含まれた水は、凍結すると膨張し、凍害が発生。
しかし、『オフセットサイディング』の原材料の木材は「ハニカム構造」で、凍結時の圧力を吸収緩和します。
耐凍結融解性試験(JIS 試験方法)※1 を600サイクル繰り返しても、表面の塗膜はく離や層間はく離、
厚み変化はほとんどありません。

07.png 09.png 10.png

※1 JIS A 5422 窯業系サイディングの耐凍結融解性能:空気中(-20℃)での凍結と水中での融解を200サイクル繰り返す耐凍結融解性試験にて、表面のはく離面積率は2%以下、著しい層間はく離が無く、厚さ変化率10%以下に適合すること。

[寸法安定性能]オートクレーブ養生による優れた寸法安定性。

高温・高圧の窯で一気に硬化させる「オートクレーブ養生」などの硬化促進技術を採用。
乾燥による収縮や熱・吸水による膨張が起こりにくい安定した強度を実現し、クラックの発生や凍害も防止します。

11.png

[高強度]曲げ破壊荷重JIS 規格785N 以上の高強度。

補強繊維に木質系材料を使用している『オフセットサイディング』。
一般的には、鉄やコンクリートの方が木材よりも強度が高いと考えがちですが、比強度で比較すると曲げでは、
木材は鉄の15.4倍、コンクリートの400倍です。

12.png 13.png

※比強度とは、強度を比重で割った値であり、比強度が高いと同じ比重でもより高い強度が得られます。

モエンエクセラードが建築ファサードの燃えひろがり試験『AS5113』に合格!

『オフセットサイディング』のモエンエクセラードが、窯業系サイディングでは世界で初めて、オーストラリアの建築ファサードの燃えひろがり試験『AS5113』に合格しました。
世界中で高層建築が増加する一方、2017年のロンドン西部の高層公営住宅が全焼するなど、大規模な火災事故も相次いで発生しています。そこで英国連邦では外装材の燃えひろがりに関する検査基準を厳格化。オーストラリアでは、外壁に関わる要求性能に従来の「不燃性能」「耐火性能」に加え、建築ファサードの燃えひろがり試験『AS5113』の評価制度が制定されました。
そして日本でも、「防耐火認定」「不燃材料認定」に続く評価認定として、燃えひろがり試験の議論が始まっています。
ニチハは、国内においても多種多様なニーズにお応えしながら、外壁に関わる要求性能を満たす製品開発を推進していきます。

14.png

15.png

[耐候性能]美しい外観を持続する

17.png

バランスの取れたハイブリッド塗料

無機塗料は色あせには強いが、塗膜のひび割れが起こりやすいと言われており、そこから紫外線による劣化を促進させ、塗装面を傷めることがあります。※3
そこで、有機塗料のしなやかさを活かして、塗膜のひび割れにも強くしたのがプラチナコート(30)です。

18.png ※3 イメージ図

分子結合力が紫外線より強い

プラチナコート(30) は、分子に443kJ/mol の結合エネルギーを持つSi-O 結合を含み、紫外線エネルギー(413kJ/mol)を上回る安定した結合力を持つため、外壁材をしっかりガードすることができます。

19.png

[防汚性能]セルフクリーニング機能でキレイが長期間続く。

20.png

マイクロガードは、外壁に付着した汚れを雨水で繰り返し落とせる「セルフクリーニング機能」。
親水性の効果で空気中の水分子を取り込み、外壁表面に薄い水分子膜を作り、汚れを浮かせて雨で洗い落とします。

micro_full.jpg

マイクロガードの主成分であるシリカ粒子が空気中の水分子を吸着し、
水の膜で覆われた親水性状態を作ることで、汚れが付着しても落ちやすくなります。

22.png

セルフクリーニングを動画でチェック

word_title_short.png

乾式施工・金具施工で省施工&短工期

塗装品の標準工期は 1 〜 2 週間。
大規模建築ほどメリットを実感できます。
乾式施工で建築現場での養生期間がほとんどなく、内装工事の
工程に影響を受けないのでスピーディーな工期が期待できます。

constructionperiod.png