> > 新築屋外用 ニチハ耐力面材『あんしん』


屋外用耐力面材『あんしん』商品性能

認定仕様一覧 商品特長 商品情報
総合性能 防耐火性 耐震性 耐久性 透湿性 耐朽性 耐蟻性 耐衝撃性 環境性 施工性

耐震性

『あんしん』は、高い壁倍率で地震や台風時の外力から建物を守ります。

『あんしん』は、大壁仕様で壁倍率 2.5、2.9、4.4、5.0、大壁床勝ち仕様(3尺幅限定)で壁倍率 2.5、3.2、
大壁床勝ち仕様(メーター幅限定)で 壁倍率 2.5、2.8 を取得しました。

仕様 壁倍率 認定番号
大壁仕様/木造軸組耐力壁 2.5 FRM-0233
2.9 FRM-0173
4.4 FRM-0458
5.0 FRM-0425
仕様 壁倍率 認定番号
大壁床勝ち仕様(3尺幅限定)/
木造軸組耐力壁
2.5 FRM-0457
3.2 FRM-0456
大壁床勝ち仕様(メーター幅限定)/
木造軸組耐力壁
2.5 FRM-0497
2.8 FRM-0496

耐震性
壁倍率の数値が高いと、同じ壁面積で耐え得る力が強いことになります。同じ間取りプランならば、30×90mmの片筋かいを使用した建物よりも、地震や台風に余裕を持って備えられます。
また、壁倍率の数値が高いことにより、壁の面積を少なくすることが可能になり、窓を広くとるなど間取りプランの自由度が増します。

※1 壁倍率5.0は鋼板取り付け仕様です。

面内せん断試験 ー筋かいと『あんしん』の比較ー

『あんしん』は、一枚で筋かい二本以上の耐力があります。

面内せん断試験

建物には様々な荷重や外力がかかります。そこで、地震や台風時の水平荷重に対して抵抗するのは「耐力壁」です。
従来、耐力壁には筋かいが用いられてきましたが、接合部に力が集中することや引っ張り側の力に対して抵抗力が低下する欠点があります。一方、『あんしん』はどちらからの力が加わっても荷重を分散させるので安心です。
試験荷重・変位推移グラフ

ページTOPへ

ページTOPへ