> > 外壁材(金属製外壁材・センターサイディング)のメンテナンス


外壁材(金属製外壁材・センターサイディング)のメンテナンス

  • メンテナンスについて
  • 施工後の注意事項
  • メンテナンススケジュール・コスト

維持管理の目的

外壁材は施工完了後より、太陽光(紫外線)、雨水(酸性雨など)・風雪や激しい寒暖の差といった過酷で多様な自然環境にさらされます。
耐用年数も使用される環境や条件により大きく異なりますが、経年変化による劣化は避けられません。
しかし、適切な維持管理(日常点検とメンテナンス)を行えば外壁の美観や機能などをより良い状態に保つことができます。
適切なメンテナンスを怠るとセンターサイディングのみならず、建築物そのものの寿命を縮めることになりかねません。
建築物を長持ちさせるためにも、日常的な点検と定期的なメンテナンスを実施することがとても重要になります。

安全に関するご注意
お施主様ご自身で外壁材のメンテナンスなどの高所作業は絶対に行わないでください。
再塗装や補修工事をお施主様ご自身では絶対に行わないでください。
必ず住宅会社様、工務店様へご相談の上、専門工事業者様にご依頼ください。

日常点検

外壁の維持管理には日常点検が欠かせません。お施主様ご自身が年1度程度、目視で確認できる範囲で実施してください。
地震や台風などの後にも点検することをおすすめします。ただし、高所作業は大変危険です。絶対に行わないでください。
外壁材に気になる変化や不具合などが見つかった場合は、専門業者様へご相談ください。
メンテナンスが必要な場合も専門業者様へご依頼ください。

センターサイディング本体、付属部材の点検方法

表面塗装

センターサイディング表面の色あせ、サビなどがないか、
ご確認ください。
キズやヘコミなどの損傷がないか、本体・付属部材のズレや
外れがないか、ご確認ください。

シーリング

シーリングの切れ、ひび割れ、剥離などがないか、
ご確認ください。

日常のお手入れ方法

大気中の塵や埃には、センターサイディングを腐食させる原因となる汚染物質が含まれます。同様に自動車などからの排気ガスや暖房器具の排気に含まれる燃焼ガス、海岸地域では海塩粒子などもセンターサイディングの腐食要素となります。
センターサイディングは表面材に耐食性にすぐれた塗装高耐食GLめっき鋼板を使用しておりますが、長期間にわたり汚染物質が付着した状態のままですと、鋼板の腐食や表面塗膜の耐久性低下やサビの発生などを引き起こす場合があります。
外壁としての機能上は支障はございませんが、美観が損なわれ、場合によってはメンテナンスの時期を早めてしまうこともあります。
汚染物質を取り除き、外観を美しく保つためにも定期的な水洗いを行うことを推奨いたします。

定期的な水洗い

水洗いの方法

外壁材についた汚れや埃を洗い落としてください。その際、柔らかい布やスポンジで軽くこすって、洗い流してください。
手の届かないところは、高所用清掃用具をご使用ください。
また水洗いで落ちない汚れなどは中性洗剤を1~2%に希釈して洗浄してください。十分に水洗いをし、乾いた布で水分を拭き取ってください。

水洗いの方法

【注意】

洗剤やアルコール、シンナーなどの有機溶剤は使用しないでください。
酸性またはアルカリ性洗剤、クレンザーなどの研磨剤入り洗剤は使用しないでください。
金属たわし、ワイヤーブラシなどの硬い材質のブラシは使用しないでください。
高圧洗浄機は使用しないでください。
過度に強くこすりすぎないでください。
マイクロガード商品については、水洗いのみにしブラシなどでこすらないでください。
注意事項

外壁の清掃ポイント

基本的には外壁材の表面に付着した汚染物質は雨水により流されます。しかし、軒下や庇の下などの雨があたりにくい場所は汚染物質が溜まりやすくなります。
汚れがひどい時は集中的に清掃することをおすすめします。

①軒下
②バルコニー下、出窓下部
③庇下
④給湯器、暖房器具などの屋外機周辺
⑤玄関などの入隅部
⑥1階下部

定期的な水洗い

建築物の立地条件と清掃回数の目安

より厳しい環境下にある工業地域や海岸地域などでは清掃回数を増やしてください。
また汚れの状況に応じて、清掃回数を増やすことをおすすめします。

清掃回数の目安

施工後の注意事項

センターサイディングの面にハシゴや脚立などを直接立てかけないでください。
屋根や雨どいなどからの雨だれによりセンターサイディングに常時雨水があたる場合は、玉石や人工芝を敷くなど、はねが起こらない工夫を行ってください。
土台、下屋根、入隅部などで積雪によりセンターサイディングに雪がかぶさるところは、早急に積雪を除去するようにしてください。
表面材は金属板を使用しているため、外部からの衝撃はヘコミなどの原因になります。壁面へ衝撃を与えないでください。
シーリング切れ・ひび割れなどは下地材などの腐食の原因になりますので定期的に点検して補修してください。
シーリングの打ち替えは、変成シリコーン系をお使いいただくか、専門施工業者様にご相談ください
シーリングによっては汚れの原因になりますのでご注意ください。

塗膜の耐久性能について

外壁は施工完了後より継続して太陽光(紫外線)、風雨、雪、気温の変化など、常に過酷な条件に置かれています。
センターサイディングは耐候性の高い塗装、鋼板を使用し、外壁材として十分な基本機能を備えた商品ですが、定期的な点検とメンテナンスを行っていただくことで、さらに長期間性能を保ち続けることができます。

塗膜の耐久性能
センターサイディングに使用される塗装高耐食GLめっき鋼板は、長い時間をかけ、上記過程でゆっくりと変化していきます。
鋼板は塗膜、めっき層で2重に保護されており、赤錆10年保証などの優れた耐久性能を有します。
また、塗膜が傷んできた時期(白亜化(チョーキング)が目立つなど)に再塗装を行うことで、耐用年数をさらに延ばすことも可能です。(再塗装の方法は、住宅の状態・環境によって異なります。住宅会社様・専門業者様にご相談ください。)
日常点検・定期点検、再塗装の目安は「メンテナンススケジュール」を参考に実施してください。
再塗装については、住宅全体の状況を確認いただいた上で、専門業者様に相談し、総合的に判断願います。
白亜化(チョーキング)
塗膜表面の顔料および樹脂成分が長期間の暴露によって分解され、粉状になって塗膜表面を覆う現象。外観以外の性能に大きな影響はありません。通常の経時変化であり、赤錆10年保証外となります。
塗膜の耐久性能

推奨塗料メーカーについて

再塗装は以下の塗料メーカーを推奨しております。

推奨塗料メーカー お問い合わせ電話番号
日本ペイント株式会社 お客様センター 03-3740-1120
大日本塗料株式会社 塗料相談室 0120-98-1716
エスケー化研株式会社 072-621-7733(代)

メンテナンススケジュール

メンテナンススケジュールは、お客様がメンテナンス計画の目安とするためのご提案です。

適切な維持管理(日常点検とメンテナンス)を行えば外壁の美観や機能などをより良い状態に保つことができます。
適切なメンテナンスを怠るとセンターサイディングのみならず、建築物そのものの寿命を縮めることになりかねません。
建築物を長持ちさせるためにも、日常的な点検と定期的なメンテナンスを実施することがとても重要になります。

メンテナンススケジュール

メンテナンスコスト

センターサイディングでの「重ね張り工法」は、「塗り替え」に比べておトクです!

センターサイディングのプレミアムシリーズは、塗り替えや補修が長期間不要で、断熱効果もあるため光熱費の削減にも効果が期待できます。

メンテナンスコスト

【ご注意】

メンテナンススケジュール・メンテナンスコストは、日常点検・定期点検の実施、弊社標準施工法の遵守、純正部材を使用した場合のモデルプランの一例です。住宅の地域、環境、形状や使用条件によって状況が異なりますので、メンテナンス計画を立てる目安としてご活用ください。
日常点検・定期点検において、外壁材本体に部分的なへこみ、変形、こすれ傷、汚れなどが見られた場合は、パテ埋め補修や部分的な張り替え、塗装補修など行ってください。また、シーリングに部分的なはく離、亀裂、汚れ、傷みが見られた場合は、部分補修や洗浄などを行ってください。適切な時期にメンテナンスをせずに放置すると外壁材のみならず建物全体に不具合が発生することがあります。また、地震や台風などの後にも点検を行ってください。
センターサイディングの補修や交換、再塗装については、専門業者様に住宅全体の躯体状況などをご確認いただいた上で総合的に判断してください。
メンテナンススケジュール・メンテナンスコストは、時期および内容を保証するものではありません。
※1
一般的なクリアー塗装によるアクリル樹脂塗料を使用した場合を想定しています。表面の劣化状況によっては、クリアー塗装ではなく塗り替えになることもあり、その場合は単色仕上げとなります。また、クリアー塗装が可能な場合でも、塗膜の劣化が進んでいた場合、新築時の色と異なることがあります。
iシリーズ、単色マイクロガード品は、クリアー塗装により防汚機能が失われます。
※2
一般的なフッ素樹脂塗料を使用した場合を想定しています。
※3
一般的なアクリルシリコン塗料を使用した場合を想定しています。

ページTOPへ

ページTOPへ