地域の特性にあわせて外壁材をご用意しています。
建設予定の地域とお客様のタイプをお選びください。

寒冷地域

販売エリア

  • 北海道・
  • 青森・
  • 秋田
  • 岩手
  • 山形
  • 宮城
  • 新潟
  • 福島
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 岐阜(北部)
  • お施主様
  • 建築関連会社様

一般地域

販売エリア

  • 寒冷地域以外の地域
  • お施主様
  • 建築関連会社様

選択いただいた情報を保持し、以降は選択画面を表示いたしません。
変更する場合は、右上の「選択地域の変更」より変更をお願いいたします。

ご注意)金属製外壁材の販売について

金属製外壁材は、沖縄県および離島を除く日本国内に限り販売しております。ただし、一部地域でお取り寄せになる場合がございます。
詳しくは、最寄りの弊社営業所までお問い合わせください。
※FB型 ブリックは北海道限定商品です。

選択地域の変更

マイクロガード(防汚性)

雨が降るたびキレイになる
「セルフクリーニング機能」。

外壁に付着した汚れを雨水で繰り返し落とせる「セルフクリーニング機能」のマイクロガード。
雨が降れば汚れは雨とともに洗い流され、外壁はいつもスッキリ。マイクロガードは、雨の力で外観の美しさを持続させます。

マイクロガードの特長

美しさの実証、
12年後もこんなにキレイ

ニチハのマイクロガードは、雨を利用して汚れを洗い落とすので、雨筋汚れにも強く、外壁をいつまでもキレイに保ちます。
建ててから12年の実績が誇る確かな信頼です。

新築2005年撮影

築12年後・2017年撮影

築12年 2017年撮影

天然木(玄関廻り・軒天部)は、時間の経過とともに風合いが出ているのと対照に、マイクロガードの外壁は変わらぬ美しさが際立っています。

天然木(玄関廻り・軒天部)は、時間の経過とともに風合いが出ているのと対照に、マイクロガードの外壁は変わらぬ美しさが際立っています。

雨水で汚れを洗い落とす
「セルフクリーニング機能」

マイクロガードは、外壁に付着した汚れを雨水で繰り返し落とせる「セルフクリーニング機能」。
親水性の効果で、空気中の水分子を取り込んで外壁表面に薄い水分子膜を作り、汚れを浮かせて雨で洗い落とします。

セルフクリーニングサイクル

  • 空気中の水分子で水分子膜を形成

    シリカ粒子が空気中の水分子を吸着!
    外壁表面に薄い水分子膜を作ります。

  • 汚れが付着

  • 水分子膜の上に汚れが付着

    静電気がないので汚れがつきにくく、
    ついた汚れも水分子膜の上に浮かんだ状態に。

  • 雨が降る

  • 雨と一緒に汚れが流れ落ちます

    付着した汚れの下を雨水が通り、
    汚れが流れ落ちます。

水分子を再吸着

外壁の汚れは「都市型汚れ」

外壁汚れの約70%は、排気ガスや換気扇などの排気口から出る物質による汚れ、サッシまわりの雨筋汚れなど「都市型汚れ」と言われています。 こうした汚れは水となじみにくい疎水性成分(油など)によって、雨では簡単に洗い流されないという性質を持っています。

虹彩(こうさい)汚れ:モルタル、コンクリートから溶出した可溶性成分などが、サイディング表面に薄膜を形成する汚れ。
白華(はっか)汚れ:セメントの硬化反応の際に生じる水酸化カルシウムが炭酸カルシウムとなってサイディング表面に付着する汚れ。

都市型汚れの始まりのメカニズム

都市型汚れの多くは、雨水が関係しています。空気中のホコリや排気ガスなどの汚れ成分や、壁面にたまった汚れを雨水が巻き込んで壁を伝って流れ出す。 これが汚れの始まりです。

マイクロガードの実力

外壁表面が汚れ物質よりも水となじみやすいのがマイクロガードの主成分であるシリカ粒子の特長。
このため、汚れと外壁表面の間に常に水が入り込んで、ばい煙や排気ガスなどの水となじみにくい(疎水性)汚れの付着を防ぎ、雨水にあたると膜表面の汚れを雨水と一緒に洗い流します。これが「セルフクリーニング機能」です。

汚れ落ちの比較

  • マイクロガード品

  • 汚れが流れはじめる

  • 汚れが
    きれいに
    流れ落ちる

  • 排気ガスなどの汚れを付着
  • 水をかける
  • 水が流れ終わる
  • 従来の塗装品

  • 汚れが壁をつたって広がる

  • 汚れは
    付着
    したまま

  • マイクロガード品

    従来の塗装品

  • 排気ガスなどの汚れを付着

  • 水をかける

  • 水が流れ終わる

  • 汚れがきれいに
    流れ落ちる

    汚れは
    付着したまま

マイクロガードの汚れ落ちのヒミツ

主成分のシリカ粒子の親水性。空気中の水分子を吸着する自己親水性能の高い特殊シリカ(SiO2)の超微粒子。 厚さは約100~300ナノメートル(1ナノメートルは1mの10億分の1)で、シリカ粒子の大きさは1個10~30ナノメートルという微小さです。

  • 表面拡大写真
    (電子顕微鏡約5万倍)

シリカとは:地殻を構成している主要物質。水などの極性分子の吸着力が多く、比較的安価。陶磁器の主原料粘土やガラス、乾燥材として使われているシリカゲルなど、古くから使われてきた物質で、人体に対しても無害です。

汚れを落とす親水性

マイクロガード層の表面に均一に広がるシリカ粒子。この最表面についている非常に多くの水酸基(OH)が、空気中の水分子(H2O)を吸着し、表面に薄い水分子の膜を形成することで、静電気が起きにくく、ホコリなどを寄せ付けにくくします。 また、汚れが付いても落ちやすくなる高い親水性能を発揮。いつも水分子膜に守られている外壁。それがマイクロガードなのです。

親水性とは:材料の表面に水が広がる性質のことです。親水性能が高いほど、静電気が起きにくく、空気中のホコリを寄せ付けにくくなります。また汚れが付いても落ちやすくなります。

マイクロガードの特長

  • 日陰でも夜でも防汚効果を発揮

    光に関係なく親水性を発揮。日当たり面だけでなく、日陰面や夜間、そして季節に関係なく効果が持続します。

  • 施工直後から効果を発揮

    工場から出荷された時から防汚機能が発現しているので安心。 摩耗などの外的要因がなければ塗膜の耐候性同様の期間、その効果が期待できます。

  • プラチナコート(30)+マイクロガード!
    ダブルできれい

    プラチナコート30・プラチナコートによる超高耐候性とマイクロガードの「セルフクリーニング機能」の組み合わせで、防汚性を長期間持続させ、建物の美しさを長く保つことができます。

    塗膜構造模式図

  • 防藻・防カビ剤を配合

    マイクロガードの「セルフクリーニング機能」は、藻・カビに対して充分な洗浄効果を発揮しません。
    そのため防藻・防カビ剤を配合し、塗膜表面での藻・カビの生育を抑制しています。※1

    ※1 防藻・防カビ剤の効果は社内試験結果に基づく比較であり、効果を保証するものではありません。 また、永久的なものでもありません。

    マイクロガード品の防汚効果

    マイクロガードの防汚効果は以下のとおりです。外壁面のこまめな点検・清掃をお願いします。

    汚れの種類 防汚効果
    排気ガス、ばい煙、ほこり、土汚れ 効果を発揮します ※2
    錆、高濃度・高粘度な汚れ 効果は低くなります
    藻、カビ 生育を抑制します ※1

    ※2 多量に供給される環境下では効果が発揮されない場合があります。

※「マイクロガード」は株式会社LIXILの登録商標です。

マイクロガード品のラインナップ

外壁材

外装部材アウティ

木目調PNシリーズ

GLシリーズ(一部商品を除く。)

※1 一部商品を除く。

マイクロガード Q&A

マイクロガードQ&A

  • マイクロガードって何ですか?

    外壁に付着した汚れを雨水で繰り返し落とせる「セルフクリーニング機能」です。
    空気中の水分子を取り込んで外壁表面に薄い水分子膜を作り、汚れを浮かせて雨水で洗い落とします。

    汚れ落ちのメカニズムをチェック! マイクロガードの動画を見る

    汚れ落ちイメージ

    汚れ落ちのメカニズムをチェック! マイクロガードの動画を見る
  • マイクロガードの効果は?

    汚れを雨水で繰り返し落とせるので、外壁を常にきれいに保ちます。
    ホコリ・ばい煙・排気ガスなど、外壁は常に汚れにさらされています。こうした汚れは、水となじみにくい疎水性成分(油など)が介在していることが多く、雨などで簡単に洗い流されない性質。
    しかし、マイクロガードは、付着した汚れを外壁表面に形成した薄い水分子膜の上に保持し、雨とともに汚れを洗い流すことで、美しさを継続します。

  • マイクロガードはどのくらい有効ですか?

    塗膜の耐候性と同じくらい長持ちします。
    マイクロガード層を形成するシリカ粒子は塗膜の上に付着しているので、砂塵や風雨などの自然環境下における磨耗や、表面を強くこするといった外的要因がなければ塗膜の耐候性と同様の期間、効果が期待できます。
    (期待耐用年数は塗料仕様によって異なります)

    築12年でもキレイ

  • 光触媒のように太陽光(紫外線)が長時間必要ですか?

    必要ありません。
    マイクロガードは、商品出荷時に既にその効果を100%発揮する状態。日光や場所・時間帯を選ばず、常に機能を発揮し続けます。

  • 季節の違いで効果は変わりますか?

    気温・日照などの変化に影響されません。
    太陽光を必要としないため、日陰部分でも100%の効果を発揮。もちろん、湿度にも影響されません。

  • 軒下など、雨が当たらない部分の汚れは落ちますか?

    雨の代わりに、ホースなどで散水してください。
    マイクロガードは、散水だけで充分な効果を発揮し拭く手間も必要ありません。こすらずに水をかけるだけにしてください。
    ※接合目地などから漏水する恐れがありますので、必ず上から下に向けて散水してください。
    高圧洗浄やスチーム洗浄などは塗膜に悪影響を及ぼす恐れがありますので避けてください。

外壁材

ページTOPへ

ページTOPへ