ニチハ株式会社

お問合せ

メニュー開く

メニュー閉じる

Platinum Coat30 超交耐候塗料「プラチナコート30」Platinum Coat30 超交耐候塗料「プラチナコート30」

さらなる進化を遂げた超交耐候塗料さらなる進化を遂げた超交耐候塗料

キレイが長持ちでメンテナンスコストもおトク!さらに、塗膜の変色・褪色30年保証対応で安心!

キレイが長持ちで
メンテナンスコストもおトク!
さらに、塗膜の変色・褪色
30年保証対応※1で安心!

家を建てる前に知っておきたいのが、外壁材にもメンテナンスが必要だということ。
一般的な外壁材は、10年~15年ごとにメンテナンスが必要と言われ、
その費用が後々大きな負担になることも。
ニチハの「プレミアムシリーズ」は超高耐候「プラチナコート30」を採用し、
窯業系サイディング業界初となる「塗膜の変色・褪色30年保証」※1 に対応。
塗り替えの負担を減らし、メンテナンスコストもとってもおトクです。

一般戸建住宅での外壁材メンテナンスコスト(2階建て=外壁面積約170㎡における概算金額)

一般戸建住宅での外壁材メンテナンスコスト

(2階建て=外壁面積約170㎡における概算金額)

メンテナンスの負担を大幅軽減!メンテナンスの負担を
大幅軽減!

「プレミアムシリーズ」は、一般的な塗装品※3と比較して、塗り替えが2回分不要に。
また、「プラチナシール」か「ドライジョイント工法」(Fu-geプレミアムの場合)なら、シーリングの打ち替えの負担も軽減できます。

【ご注意】

  • ● メンテナンスコスト・メンテナンススケジュールは、日常点検・定期点検の実施、弊社標準施工の遵守、プラチナシールを含む弊社純正部材を使用した場合のモデルプランの一例です。住宅の地域、環境や使用条件によって劣化の進行状況が異なりますので、メンテナンス計画を立てる目安としてご活用ください。
  • ● 同質出隅の張り合わせ角部・傷補修部分・釘頭のタッチアップなどの補修塗料使用箇所、釘頭の塗膜、鋼板部材は、外壁材表面と完全に同一ではありませんので、本モデルプランは適用されません。
  • ● 日常点検・定期点検において、外壁材本体に部分的な亀裂(クラック)、欠け、こすれ傷、汚れなどの傷みが見られた場合は、パテ埋め補修や部分的な張り替え、塗装補修などを行ってください。また、シーリングに部分的な目地痩せ、はく離、亀裂、汚れなどの傷みが見られた場合は、部分補修や洗浄などを行ってください。適切な時期に適切なメンテナンスをせず放置すると、外壁材のみならず建物全体に不具合が発生することがあります。また、地震や台風などの後にも点検を行ってください。
  • ● 外壁材の塗り替えは、一般的なアクリルシリコン塗料を使用した場合を想定しています。表面の劣化状況によっては、クリアー塗装ではなく、エナメル塗装になることもあり、その場合は、単色仕上げとなります。またクリアー塗装が可能な場合でも、塗膜の劣化が進んでいた場合、新築時の色と異なることがあります。
  • ● 性能維持のためには、必ず適切な点検とメンテナンスを行ってください。
  • ● 工事費用・メンテナンス費用は「積算資料ポケット版リフォーム編2017」を参考に算出した試算金額(税抜)です。日常点検・部分補修費用およびシーリング打ち替えに必要な仮設足場費用などは含まれておりません。参考値であり、実際のメンテナンス費用については住宅会社様または工務店様にご相談ください。
  • ● メンテナンスコスト、メンテナンススケジュールは、あくまで参考例です。時期および内容を保証するものではありません。
  • ※1 2017年11月時点 沖縄県の物件を除く。保証書発行には諸条件がございます。
  • ※2 必要に応じて住宅会社様、工務店様へご相談ください。
  • ※3 10年サイクルを目安にメンテナンスを推奨している製品。
  • ※4 建築物の環境条件(地域・立地)、使用条件により、メンテナンススケジュールはそれぞれ異なります。

※5

推奨

プラチナシールは30年以上の耐久性能(自社試験)を有していますが、地震などの建物の揺れにより「切れ」や「はく離」が起こることがあります。
特に負荷のかかる「外壁材本体どうしの継ぎ目」のシーリングにつきましては、15年から20年経過した時点での打ち替え工事をおすすめしています。