ショールームに行く前に

ショールームにご来館いただく前に、事前にご見学・ご相談内容をまとめたり、ホームページやカタログで、ご覧になりたい商品を確認しておくことをお勧めしております。また、理想の外観イメージに近づけるための、外壁材の見方のポイントをご紹介します。

カタログはこちらのページから
ご請求いただけます。

カタログを請求する

好みの外観イメージを
探してみる

気に入った外観イメージの写真や雑誌の切り抜きがあると外壁材選びがスムーズに進みます。
ニチハの施工例サイト「わが家の壁サイト」や施工例カタログ「外観デザインセレクトブック」で気になる施工例をチェックしておきましょう。

建設会社様に仕様を
ご確認ください

事前にご確認ください! 厚み・シリーズ・張り合わせ 事前にご確認ください! 厚み・シリーズ・張り合わせ
事前に外壁材の厚みやシリーズ、張り合わせ方などの仕様を建設会社様にご確認ください。
ショールームでは窯業系・金属製の全外壁材を展示していますが、選択肢が多すぎて目移りしてしまうことも。
仕様に合わせて絞り込み、あらかじめ気になる柄や色をチェックしておくと外壁材選びがスムーズです。

ショールームに
行く前の準備シート

ショールームでの
外壁材の見方のポイント

外壁材は見る距離によってイメージが変わります。近くで見ることはもちろん、離れて見ることも大切です。


テクスチャーを
意識する

配色を
意識する

間近で見ると外壁材それぞれの柄やピースごとの色の違いが分かりやすくなります。

テクスチャーを意識する

離れて見ると、色柄の細かな違いは分かりにくくなりますが、建物全体のバランスやトーンをイメージしやすくなります。

配色を意識する

明るいところと暗いところ、日向と日陰など、光の当たり方で外壁材の色は違って見えます。


屋内で人工的な照明が当たった外壁材と、太陽光が当たった外壁材とでは同じ色でも違って見えます。
ショールームでサンプルをご覧いただく際には、屋外でも確認することをお勧めしています。

屋内で人工的な
照明が当たった外壁材

太陽光が当たった
外壁材

屋内で人工的な照明が当たった外壁材
太陽光が当たった外壁材

張り分けする場合は、実際に並べて確認しましょう。


色はそれだけで見た場合と複数を組み合わせた場合とで見え方が変わります。
外壁を組み合わせてコーディネートする場合はサンプルを並べて、お互いがどのように見えるか確認することも大切です。
また、上下、左右を入れ替えるだけでもイメージが変わります。いろいろな組み合わせを試してみましょう。

近い色みで
穏やかなイメージに

メリハリをつけて
引き締まった印象に

詳しい外壁材の見方のポイントは、
「わが家の壁サイト 外装アドバイザーに聞く」をご覧ください。

わが家の壁サイト 新築編

住宅施工例や外観コーディネートについてご紹介しています。