木造(枠組・軸組)外壁1時間耐火構造

hennahotel_komatsu_002.jpg

02.png

吉野石膏「タイガーボード」と
「COOL(ミライアは除く)・モエンエクセラード(6尺・10尺品)」を組み合わせて、
木造外壁1時間耐火構造が実現(横張り限定)

03.png

雨にも強い高い防水性
水に強い「タイガーボード・タイプZ-WR」は、透湿防水シートを施工するまでに、雨がかかっても心配ありません。

04.png

住まいを守る高耐久外壁
建物の耐久性が向上する通気構法を採用しています。

05.png

簡単施工を実現
「タイガーボード・タイプZ-WR」と「モエンエクセラード」による簡単施工でスピーディな仕上がりとなります。

用途:木造耐火の建築物

06.png

特別養護老人ホーム(老人福祉法 第17条)・介護老人保健施設(介護保険法 第97条)

07.png

幼稚園(学校教育法 第3条)

08.png

防火地域の専用住宅
(延べ面積が100㎡以上の建築物、または3階建の建築物。建築基準法 第27条)

4.png

延べ面積が3000㎡超の建築物
(建築基準法 第21条)

5.png

準防火地域の延べ面積が、1500㎡超の建築物
(建築基準法 第62条)

6.png

3 階建以上の学校・保育所、ケアハウスなどの特殊建築物(建築基準法 第27条)

適用条件

構造 木造(枠組・軸組)
部位 外壁
外壁仕上げ材 窯業系サイディング COOL(ミライアは除く)・モエンエクセラード(6尺・10尺品)
外壁仕上げ材施工法 横張り 胴縁金具工法
用途 木造耐火の建築物

※施工高さや耐風圧性能、下地条件などの詳細については最寄りの弊社営業所までお問い合わせください。

外装下地材および内装材

[外装下地材]

タイガーボード・タイプZ-WR
優れた耐火性能に加え、防水性、防カビ性も備えたタイプ

■ 規格・形状
強化せっこうボード(JIS A 6901:GB-F)
不燃:NM-1498
厚さ:21mm
寸法:幅606mm× 長さ1820mm

09.png

[内装材]

タイガーボード・タイプZ
せっこうボードの耐火性能を強化したタイプ

■ 規格・形状
強化せっこうボード(JIS A 6901:GB-F)
不燃:NM-8615〔GB-F(V)〕
厚さ:21mm
寸法:幅606mm× 長さ1820mm 他

10.png

「タイガーボード・タイプZ-WR」の性能

防水性
「タイガーボード・タイプZ-WR」は全吸水率5%以下と高い防水性能を有します。
※ JIS A 6901 による

防カビ性
高い防水性能に加えて防カビ剤を使用することで、カビへの抵抗性も有します。
(但し、カビが全く発生しないことを保証するものではありません。)

○カビ抵抗性試験
「培地(カビの栄養源)の中央にタイプZ-WR(試験片)を置き、カビ菌を吹き付けたのち7日間培養」を行った結果、タイプZ-WRにカビの発育は見られず。
※ JIS Z 2911(8塗料の試験)に準ずる
※(地独)東京都立産業技術研究センターの試験結果[26依開環 第61号]

11.png

下部浸漬による検証

「タイガーボード・タイプZ-WR」のボード下部10mmを赤色に着色した水に浸け、発生するカビの発育状況を肉眼により2カ月間観察。
⇒ 2 カ月後も、水の吸い上げはなく、カビの発生も見られず。

12.png

タイガーモエンEX-B1・B2 1時間耐火構造認定番号

認定番号
タイガーモエンEX-B1 木造外壁耐火構造(枠組)
(横張り)
FP060BE-0101
FP060BE-0103
タイガーモエンEX-B2 木造外壁耐火構造(軸組)
(横張り)
FP060BE-0153(6)
FP060BE-0153(7)

13.png

構造概要

14.png

15.png

構造概要
認定番号
木造外壁耐火構造(枠組): FP060BE - 0101
屋内側の構造用合板9mmの替わりにせっこうボード類を使った壁構造(認定番号:FP060BE - 0103)もございます。
壁厚
227mm~
下地材
たて枠材 38×89mm以上、ピッチ455mm以下





外装材 COOL(ミライアは除く)・モエンエクセラード(6尺・10尺品)
厚さ16~21mm、サイズ455×1820、3030mm
外装下地材
上張り

下張り
タイガーボード・タイプZ-WR、強化せっこうボード( JIS A 6901:GB-F)
不燃:NM-1498、厚さ21mm、サイズ606×1820mm
構造用面材 構造用合板:厚さ9mm、サイズ910×2440、2730mm他



内装面材 構造用合板:厚さ9mm、サイズ910×2440、2730mm他
内装材
上張り

下張り
タイガーボード・タイプZ、強化せっこうボード( JIS A 6901:GB-F)、
不燃:NM-8615〔GB-F(V)〕厚さ21mm、サイズ606×1820mm他
断熱材 住宅用ロックウール断熱材( JIS A 9521 外被材による区分V)、厚さ90mm、密度40±10kg/㎥
透湿防水シート
透湿防水シート:厚さ0.2mm以下「モエン透湿防水シート シリーズ全種」など
防湿シート 住宅用プラスチック系防湿フィルムA種またはB種、厚さ0.2mm以下
胴縁材
外装材一般部:幅45mm以上、外装材目地部:幅90mm以上
厚さ(材質):18mm以上(スギ、エゾマツ)、15mm以上(ベイツガ、アカマツ)

施工留意点












外装材 留付金具:品番JE555、横張り金具 施工用スターター:品番FA150A
金具留付釘: 品番JK440 ステンレスリング釘(φ 2.3×38mm)
品番JK1150 タッピンねじ(φ 4.1×35mm)
補強釘:ステンレスリング釘(φ 2.75×50mmの各色モエン用釘)
ニチハシーリング:品番FC~(各色対応)
ハットジョイナー: 品番FH1010R
外装下地材
下張り
ビス留め:φ 3.8×38mm以上、ピッチ:273mm以下(ボード縁より30mm以上離す)
外装下地材
上張り
ビス留め:φ 3.8×57mm以上、ピッチ:273mm以下(ボード縁より30mm以上離す)
構造用面材 釘留め:CN50、ピッチ:周辺部100mm以下、中間部200mm以下



内装面材 釘留め:CN50、ピッチ:周辺部100mm以下、中間部200mm以下
内装材下張り ビス留め:φ 3.8×38mm以上、ピッチ:273mm以下(ボード縁より30mm以上離す)
内装材上張り 接着材(無機質系「トラボンド」など)、ステープル(幅4mm×長さ32mm以上)併用
接着材の塗布量:150 ~ 200g/㎡、接着材とステープルのピッチ:200mm以下
透湿防水シートの留め付け ステープル留め:幅10mm以上×長さ10mm以上、ピッチ:縦方向300mm以下、横方向455mm以下
断熱材の留め付け ステープル留め:幅10mm以上×長さ10mm以上、ピッチ:縦方向200mm程度
防湿シートの留め付け
ステープル留め:幅10mm以上×長さ10mm以上、ピッチ:継目部200~300mm程度、
その他しわ、たるみがない程度
胴縁材の留め付け ビス留め:φ 4.5×100mm以上、ピッチ:500mm以下

[採用における注意事項]

  • 施工高さや耐風圧性能、下地条件などの詳細については最寄りの弊社営業所までお問い合わせください。
  • 壁枠組のたて枠間隔は、455mm以下にて対応しております。
  • モエンエクセラードは横張り限定となります(但し、胴縁なしの通気金具を使用する施工はできません)。
  • 住宅用ロックウール断熱材は、防湿を主目的にする外被付きに限定となります。

■本壁構造を(一社)日本ツーバイフォー建築協会の耐火構造(外壁)として使用する際の注意

  • 本壁構造については、枠組壁工法による耐火構造として適切な設計および工事監理が行われるよう、(一社)日本ツーバイフォー建築協会(略称/2×4協会)が日本建築行政会議と協議して定めた「枠組壁工法耐火建築物の設計・施工に関する運用規準」
    (以下「運用規準」)により運用します。
  • 本壁構造を用いた建築物の設計・工事監理をする場合は、2×4協会が開催する講習会を受講し、枠組壁工法による耐火構造の設計・工事監理者として登録を受ける必要があります。
    また、本壁構造を含めた枠組壁工法認定耐火構造の使用承諾を、物件ごとに2×4協会まで申請していただきます。
  • 運用規準の詳細については2×4協会にお問い合わせください。

16.png

構造概要

17.png

18.png

構造概要
認定番号
木造外壁耐火構造(軸組): FP060BE - 0153(6)
屋内側に構造用合板を使った壁構造(認定番号:FP060BE - 0153(7))もございます。
壁厚
234mm ~
下地材



105×105mm以上、柱-間柱ピッチ:500mm以下
間柱 45×105mm以上、間柱-間柱ピッチ:500mm以下







外装材 COOL(ミライアは除く)・モエンエクセラード(6尺・10尺品)
厚さ16 ~ 21mm、サイズ455×1820、3030mm
外装下地材
上張り

下張り
タイガーボード・タイプZ-WR、強化せっこうボード( JIS A 6901:GB-F)
不燃:NM-1498、厚さ21mm、サイズ606×1820mm
構造用面材 構造用合板:厚さ9mm、サイズ910×2440、2730mm 他



内装材
上張り

下張り
タイガーボード・タイプZ、強化せっこうボード( JIS A 6901:GB-F)
不燃:NM-8615〔GB-F(V)〕、厚さ21mm、サイズ606×1820mm 他
断熱材 グラスウール断熱材( JIS A 9521 外被材による区分V)、厚さ100mm以上、密度10kg/㎥以上
透湿防水シート 透湿防水シート:厚さ0.2mm以下「モエン透湿防水シート シリーズ全種」など
防湿シート 住宅用プラスチック系防湿フィルムA 種またはB種、厚さ0.2mm以下
胴縁材
外装材一般部:幅45mm以上、外装材目地部:幅90mm以上
厚さ(材質): 18mm以上(スギ、エゾマツ)、15mm以上(ベイツガ、アカマツ)

施工留意点












外装材 留付金具:品番JE555、横張り金具 施工用スターター:品番FA150A
金具留付釘:品番JK440 ステンレスリング釘(φ2.3×38mm)
品番JK1150 タッピンねじ(φ4.1×35mm)
補強釘:ステンレスリング釘(φ2.75×50mmの各色モエン用釘)
ニチハシーリング:品番FC~(各色対応)
ハットジョイナー:品番FH1010R
外装下地材
下張り
ビス留め:φ 3.8×38mm以上、ピッチ:273mm以下(ボード縁より30mm以上離す)
外装下地材
上張り
ビス留め:φ 3.8×57mm以上、ピッチ:273mm以下(ボード縁より30mm以上離す)
構造用面材 釘留め:N50、ピッチ:150mm以下




内装材下張り ビス留め:φ 3.8×38mm以上、ピッチ:273mm以下(ボード縁より30mm以上離す)
内装材上張り 接着材(無機質系「トラボンド」など)、ステープル(幅4mm×長さ32mm以上)併用
接着材の塗布量:150 ~ 200g/㎡、接着材とステープルのピッチ:200mm以下
透湿防水シートの留め付け ステープル留め:幅10mm以上×長さ10mm以上、ピッチ:縦方向300mm以下、横方向500mm以下
断熱材の留め付け ステープル留め:幅10mm以上×長さ10mm以上、ピッチ:縦方向200mm程度

防湿シートの留め付け

ステープル留め:幅10mm以上×長さ10mm以上、ピッチ: 継目部200 ~ 300mm程度、
その他しわ、たるみがない程度
胴縁材の留め付け ビス留め:φ 4.5×100mm以上、ピッチ:500mm以下

[採用における注意事項]

  • 施工高さや耐風圧性能、下地条件などの詳細については最寄りの弊社営業所までお問い合わせください。
  • モエンエクセラードは横張り限定となります(但し、胴縁なしの通気金具を使用する施工はできません)。
  • グラスウール断熱材は、防湿を主目的にする外被付きに限定となります。

■本壁構造を(一社)日本木造住宅産業協会取得の耐火大臣認定と併用して使用する際の注意

  • (一社)日本木造住宅産業協会(略称/ 木住協)では、間違いのない設計・施工を行い、適切な木造耐火建築物を建築する為に『木造軸組工法による耐火建築物設計マニュアル講習会』を開催して、利用者の受講・登録等の運用規定を定めております。
    必ずその運用方法に従ってください。詳細は木住協のホームページをご覧ください。
  • 本壁構造の大臣認定書(写し)は吉野石膏(株)またはニチハ(株)までお問い合わせください。木住協では本認定書(写し)の発行はいたしませんので、ご注意ください。

施工上の注意事項

  • タイガーボード・タイプZ-WR、モエンエクセラードの保管は原則として室内の水平な場所とし、必ずパレットや高さのそろった台木に載せてください。
    屋外に保管する場合は必ずパレット積みとして、あらかじめシートなどで養生してください。
  • タイガーボード・タイプZ の保管は、室内の水平な場所にパレットや高さのそろった台木に載せてください。
  • タイガーボードの切断はのこぎり、電動丸鋸、ボード用カッターナイフなどで行ってください。
  • タイガーボード・タイプZ-WR は防水性、防カビ性を付加しておりますが、タイガーボード・タイプZ-WR の施工を始めてから2 週間以内に透湿防水シートを施工してください。
  • 屋外側の構造用合板とタイガーボード・タイプZ-WR の間の透湿防水シートは必ず施工してください。
  • 屋内側の防湿シートは必ず施工してください。
  • 雨天時の屋外側の施工は避けてください。
  • 雨天後の屋外側の施工は事前に施工完了箇所が充分に乾燥していることを確認してから行ってください。
  • 施工時は必ず防塵マスク、安全メガネを着用してください。その際、体調に異常を感じた場合は使用を中止してください。必要に応じて、医師にご相談ください。

※「タイガーモエンEX-B1」、「タイガーモエンEX-B2」の各施工方法の詳細は「吉野石膏(株)の標準施工指導書」、「ニチハ(株)の設計施工資料集 モエンエクセラード16 金具施工」をご参照ください。

  • アスベストについて: 現在、吉野石膏製品およびニチハ製品にはアスベストは一切使用しておりません。
  • ホルムアルデヒドについて:
    吉野石膏のタイガーボードシリーズ、ニチハのモエンシリーズは、ホルムアルデヒド発散建材を定める告示による規制対象外となっており使用面積の制限はありません。
  • クロルピリホスについて:吉野石膏製品およびニチハ製品は、クロルピリホスを一切使用しておりません。
  • タイガーボード・タイプZ の水濡れについて:
    竣工後、常時水が掛り吸水した場合、ボードの剥落や落下の恐れがありますので張替えを必ず行ってください。
  • 防カビ剤について:
    「タイガーボード・タイプZ-WR」には米国の環境保護庁(EPA:Environmental Protection Agency)が環境およびヒトの健康に関して安全と評価した防カビ剤を使用しております。

〔商品・施工に関するお問い合わせ〕

  • ニチハ株式会社
特販第三部 営業第一課 TEL 03-5205-3916 FAX 03-5205-3918
特販第三部 営業第二課(名古屋) TEL 052-619-0591 FAX 052-619-6512
特販第三部 営業第二課 TEL 06-6532-3008 FAX 06-6532-4827
特販第三部 営業第二課(福岡) TEL 092-472-1121 FAX 092-472-1126

  • 吉野石膏株式会社

【吉野石膏DD センター】TEL 03-3284-1181 FAX 03-3284-1194

※ 「タイガーボード」、「タイガー」、「トラボンド」は、吉野石膏(株)の登録商標です。
 「モエンエクセラード」、「モエン」はニチハ(株)の登録商標です。

[木造耐火の告示化]

平成26年国土交通省告示第861号(平成26年8月22日公布・施行)により、耐火構造の構造方法を定める件(平成12年建設省告示第1399号)の一部が改正されました。
せっこうボードを用いた木造耐火構造の外壁、間仕切壁の仕様が告示化され、窯業系サイディングの木造外壁1時間耐火構造の仕様が例示仕様として規定されました。


ニチハの外壁耐火構造