外壁材 Fu-ge

キレイな仕上がり
四方合(しほうあ)いじゃくり

キレイの理由
フュージェはシーリング目地に比べて継ぎ目が目立ちにくい!
「四方合(しほうあ)いじゃくり」

左右接合部はシーリング目地が入らないため、柄に合わせた自然な継ぎ目で一体感のある壁面を演出できます。シーリングの黒ずみ汚れや、シーリングの切れの心配もありません。

square_img_01.jpg

仕上がりの違い

square_img_02.jpgsquare_img_02_sp.png

四方合(しほうあ)いじゃくりとは

上下2方向の実だけだと左右接合部はシーリング接合となります。四方合(しほうあ)いじゃくり品は4方向に実があるため、シーリング目地が大幅に減り、外壁がより自然に仕上がります。

square_img_04.jpgsquare_img_04_sp.gif

いじゃくりとは

合わせる板を、2枚とも厚みの半分だけ削り取り、相互に張り合わせる方法を合いじゃくり接合といいます。
またその半分削り取った部分を実(さね)と呼びます。

square_img_03.jpg